カジノゲーム

ルーレットの特徴やルール・用語について

更新日:

ランドカジノ(リアルカジノ)で大人気の定番ルーレットはオンラインカジノでも遊ぶ人が増えています。

日本ではあまり見かけることのないルーレットですが、カジノ女王とも呼ばれているルーレットはランドカジノでは必ずテーブルが用意されているほど海外では人気があります。

特別難しい賭け方などはありませんのですぐに始めることが出来るのもルーレットの魅力でもあります。

ルーレットの特徴やルール・用語について説明していきます。

オンラインカジノでもルーレットは人気があるのでぜひとも覚えてプレイしましょう。

ルーレットの特徴

カジノのルーレットは、Wheel(ホイール)と呼ばれる数字の書かれた円盤と、数字が書かれたテーブルを使用して遊ぶゲームです。

ルーレットでは、ボールが入るスポットの番号そのものを当てる方法から、スポットが偶数なのか奇数なのか、スポットの色が赤なのか黒なのかを当てるなど幅広いベットをすることが出来るのが特徴で、1つのベットではなく複数賭けることも出来ます。

当て方によって支払われるベットに違いが出ます。

テーブルの種類も「アメリカン」「ヨーロピアン」「フレンチ」など数種類あり、それぞれに特徴があり、多少ルールが違うので慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれません。

とはいえ、ルーレットの遊び方はいたってシンプルです。

基本的には「ボールが落ちると思った数字にチップを賭ける」ただそれだけです。

難しい配当計算はすべてディラーがやってくれるので、ルールがわかっていない初心者でも安心して参加することができるカジノゲームなのです。

ルーレットのルール

ホイールの中にディーラーが球を投げ込み、球が回転をしています。

投げ込まれた球が「数字・色・グループ」のどこに落ちるかを予想してベットするものです。

プレイヤーは、ディーラーが投げ込んだ球がどの箇所に落ちるかを事前に予想して、数字が書かれているテーブルのレイアウトにチップを置きます。

チップを置いた「数字・色・グループ」に球が入ればプレイヤーの勝ちとなり、賭けた場所によって配当が付きます。オンラインカジノでは難しい計算などもすべて行ってくれるので難しく考えないでいいでしょう。

外れた場合はすべて没収です。

ルーレットのディーラーはどの数字に球を入れるかを決めた上でルーレットを回しています。

ルーレットは運で球が入るというわけではありません。ディーラーやテーブルの状況などを読み取ったうえでプレイすることになります。

心理戦がポイントなります。

ルーレットの用語

ルーレットで賭ける際の用語や賭け方について説明をします。

 

■インサイド・ベット
テーブルの1~36までの数字を利用した賭ける方法。

 

・Straight-Up(ストレート・アップ)1点賭け

ストレート・アップは別名「シングルナンバー(Single Number)」とも言い、1つの数字に対して賭ける方法です。36個の数字とゼロを含めた1点賭けは当たる確率が極めて低い反面、当たると高配当の36倍です。

 

・Split Bet(スプリット・ベット)2点賭け

スプリット・ベットは、隣接した2つの数字に対して賭ける方法です。例えば「1」と「4」の両方にチップを乗せるようにします。ストレートアップと比較すると勝率は上がりますが、それでも2/37ですので高配当の18倍です。

 

・Street Bet(ストリート・ベット)3点賭け

ストリート・ベットは別名「Trio Bet(トリオ・ベット)」と言って、縦の1列の数字3つに対して賭ける方法です。配当は12倍です。

 

・Corner Bet(コーナー・ベット)4点賭け

コーナー・ベットは別名「Square Bet(スクエア・ベット)」「Quarter Bet(クォーター・ベット)」「Quad Bet(クゥアド・ベット)」など色々な呼び方がありますが、4つの数字のちょうど中央に賭ける方法です。配当は9倍です。

 

・Double Street Bet(ダブル・ストリート・ベット)6点賭け

ダブル・ストリート・ベットは別名「Six Numbers Bet(シックス・ナンバーズ・ベット)」「Line bet(ラインベット)」と言います。2列に対してベットをすることが出来るので合計6つの数字に対して賭けることが出来ます。配当は6倍です。

 

・Four Numbers bet(フォー・ナンバー・ベット)4点賭け

フォー・ナンバー・ベットはヨーロピアンルーレットでのみ使用できる賭け方で、数字の「1,2,3+0」の4つの番号に対して賭けられます。配当は8倍です。

 

・Five Numbers Bet(ファイブ・ナンバー・ベット)5点賭け

ファイブ・ナンバー・ベットはアメリカンルーレットのみ使用できる賭け方で、数字の「1,2,3+0,00」の5つの番号に対して賭けられます。配当は7倍です。

 

■アウトサイドベット
数字が書かれている場所以外のエリアに対して賭ける方法。

 

・Dozen Bet(ダズン・ベット)12点賭け

ダズン・ベットは別名「Section Bet(セクション・ベット)」ともいい「1st 12(1~12の数字)」「2nd 12(13~24の数字)」「3rd 12(25~36の数字)」のグループに対して賭ける方法。配当は3倍です。

 

・Column Bet(カラム・ベット)12点賭け

カラム・ベットはテーブルの数字のレイアウトを縦1列、横3分割にして、上・中央・下の段のそれぞれ12個の数字に対して賭ける方法。配当は3倍です。

 

・Red-Black(レッド・ブラック)赤黒賭け

テーブルに色分けされている赤か黒、どちらかの色に賭ける方法。配当は2倍です。

 

・High-Low(ハイ・ロウ)ハイロー賭け

ハイ(19~36)かロー(1~18)のどちらかに賭ける方法。配当は2倍です。

 

・Odd-Even(オッド・イーブン)奇数・偶数賭け

Odd(奇数)かEven(偶数)のどちらに賭ける方法。配当は2倍です。

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの違い

ルーレットには「アメリカン」「ヨーロピアン」「フレンチ」の3つがありますが、主に使われているのは「アメリカン」「ヨーロピアン」の2つです。

オンラインカジノでも「アメリカン」「ヨーロピアン」が用意されているところが多いです。

「アメリカン」「ヨーロピアン」の大きな違いはゼロの数が違いです。

アメリカンルーレットは「0」と「00」でヨーロピアンでは「0」のみです。

他にはホイールの並びが違うというのがありますが、そこまで神経質にならずに数字の違いぐらいに捉えておきましょう。

基本的なルールは同じです。

ゲームの進め方

ルーレットの進め方としてまずはテーブルに着いたらチップを好きな数字・エリア・グループに賭けます。

ディーラーが「No more bet(ノーモアベット)」と宣言したら、それ以上は賭けることは出来ません。

ディーラーがホイールに球を投げ込み球がポケットに入った番号が予想と当たっていたら配当が貰えて外れたら没収となります。

非常にシンプルですが、数字の1点賭けやエリアへの賭け方によって大きく配当が変わるのがルーレットの特徴です。

まとめ

ルーレットはカジノの女王と呼ばれているほど海外では非常にポピュラーなカジノゲームですが、日本ではあまり見かけないためルールが分からないという人もいるかもしれませんが、プレイしてみればルールが簡単だということがわかると思います。

オンラインカジノでもプレイできるのでぜひとも利用してみましょう。

-カジノゲーム

Top

Copyright© 初心者向け!オンラインカジノランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.