オンラインカジノを初めて利用する人の為に様々な情報を紹介。

初心者向け!オンラインカジノランキング

オンラインカジノ入門編

オンラインカジノは違法?それとも合法なの?

投稿日:

オンラインカジノは違法なの?それとも合法なの?って気になるところだと思います。

やはり違法かどうかを気にする人は多いと思いますし、インターネットでもオンラインカジノで検索すると「違法なのか?」どうかが出てきますよね。

まず最初に結論から言うとオンラインカジノは違法ではなく合法です。

ではなぜ違法なのか?というワードがインターネットで多く見られるのか?また過去に逮捕された事件はどうなのか?

不安に感じると思いますのでしっかりと説明をしていきます。

なぜ違法と思うのか?

まず最初になぜ多くの方が違法だと思うのか?という点ですが、これは日本では賭博をしてはいけないという法律があるからですよね。

日本では公営ギャンブルである競馬や競輪・競艇・toto(スポーツ振興くじ)・宝くじなどは国で認められています。

パチンコやスロットは三点方式で国から大目に見られていますが、それ以外のギャンブルは認められていません。

そのためオンラインカジノを利用したら違法なのではないか?って思ってしまうのも仕方が無いと思います。

しかし、オンラインカジノは海外で運営されているインターネットサービスだと言うことを理解して欲しいです。

 

インターネットの法律に守って運営をしている

インターネットの法律と言うのはその国の法律が適用されます。

すなわち、カジノを運営をしており、オンラインカジノを運営をしても問題なしと認められて運営をしていてそれを日本向けのサービスとして展開しているわけです。

海外で運営をしている以上はその国が問題なければ利用しても法律違反にはなりません。

すなわち日本の法律には当てはまらないのです。

よくこれを日本の法律に当てはまらないからグレーゾーンと言う表現をしているところもありますが、これは間違った表現だと思います。

インターネット上の法律に則って運営をしているという法律をきちんと守っているわけです。

法の抜け道でもなんでもなくルールに則っているわけですからあえてこの表現をするのであればオフホワイトが適切と言えるでしょう。

オンラインカジノはライセンス制度

そもそもオンラインカジノはライセンス制度を設けていて、厳しい審査をクリアして初めて運営をする許可がおります。

利用者からしてみればしっかりと許可を貰っているわけだから安心できるわけです。

ライセンスも国や領によって取得難易度は変わってきて中南米系はかなり緩くお金さえ出せばライセンスは比較的簡単におりると言われていますが、取得難易度が高いイギリス、オランダ、イギリス領などではとても厳しく一流の大企業でも取得が難しいと言われているほどですので安心して欲しいです。

ライセンス制度を設けているからこそ取得しているかどうかで悪徳業者かどうかを判断できるので利用者も分かりやすいと思います。

日本向けのサポートをしているところは大手がほとんど

オンラインカジノのプレイヤーのシェア率を見るとヨーロッパ・アメリカ・アジアで特に日本人はまだまだ少ないです。

にも関わらず先行して日本人スタッフを雇ってサポートに回したり出来るのは資本力のある大きい会社だからとも言えます。

法律を則って安心して利用して出来る大手会社が運営をしているのは間違いないでしょう。

 

過去に逮捕された事件の真相について

オンラインカジノは合法であり、さらにライセンスを取得している大手企業が運営をしているのにも関わらず過去にオンラインカジノで逮捕者が出たと言う事件があります。

逮捕と聞くと悪いことなのではないかと思うかもしれませんが、真相を説明していきます。

運営者が逮捕された事件

オンラインカジノの運営側が逮捕された事件ですが、これは本社は確かに海外においていたのですが、実質の運営やサポートなどを日本で行っていたことで逮捕となりました。

形だけ会社を本社に置いたとしても今は認められていません。実質的に日本で運営をしていた以上、日本の法律が適用されるので逮捕されても仕方が無いです。

これは聞けば納得できると思います。

プレイヤーが逮捕された事件

問題はこのオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたと言う件です。

プレイヤーが逮捕と聞くと、やっぱり違法なんじゃないか!って思うかもしれません。

しかし、ことの真相としては「略式起訴」と「不起訴(無罪)」です。

略式起訴とは・・・簡単に説明をすると自ら悪いことをしたと罪を認めて裁判無しで罰金を支払って終了することを言います。

SNSやyoutubuなどで収支の報告をしたりしていた人が逮捕されたことで一気にオンラインカジノのプレイヤーが一時期離れて言ったのですが、多くの人が略式起訴としています。

さらにこれに不服と思い、裁判をするといったプレイヤーがいて、それを受けて検察側はすぐに起訴を取り下げて不起訴(無罪)となったのです。

これはつまり検察側としては裁判をしたら負けるからこそ不起訴(無罪)にしたわけです。

検察側としての狙いとしてはプレイヤーが逮捕されたということでオンラインカジノの違法なのではないかと言うイメージを与えたかったわけです。

しかし、まさか裁判をするという人がいると思わなかったため起訴を取り下げたのです。

冷静に考えればインターネットの法律を守っていてライセンス制度を受けている大手企業のサービスを利用しているだけですから別に罪になるとは考えづらいですよね。

これを受けてオンラインカジノを利用しても大丈夫という風に風向きが変わりました。

さらに日本の裁判と言うのは過去の判例を重視しますから一度不起訴になった場合は今後も不起訴になるケースがほとんどです。

今後、日本だけはインターネットの法律も日本のルールにするというのは認められないわけですからよっぽどの法改正(世界基準)がないかぎり安心して利用することが出来ます。

 

まとめ

オンラインカジノはインターネットの法律に則って運営されていますし、その法律を守っているため別にグレーゾーンでも何でも無いので安心して利用してください。

プレイヤー側が不起訴(無罪)になったことで多くの人が安心して利用することが出来るようになりました。

今後よっぽどのことがない限り逮捕されることはありません。

とはいえ悪目立ちするようなことは避けるようにしましょう。

よく読まれている記事

1

目次 なぜ違法と思う ...

-オンラインカジノ入門編

Top

Copyright© 初心者向け!オンラインカジノランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.