バランスが崩壊

女性の1人立ち

女性の社会進出はもはや当たり前の世の中になりましたし、いまさらこんなことを言っても仕方がないのかもしれませんが、この女性が社会進出したことで世の中は不景気になってしまったのではないかと思います。

給料はどうしても下がってしまうのは仕方がないことかもしれませんが、しかし、ここまで加速的に下がってしまったのはやはり女性が一人で暮らしていけてしまうようになってしまったからだと思います。

女性からしてみれば一見色々と自分の可能性を試せるチャンスかもしれませんが逆にいえばはたらなくては暮らしていけないというプレッシャーもあったとともいます。

そして女性の社会進出があるので給料を二人分払わなくてもいいということがあるので給料を抑えることが出来るのでますます所得が減っていったのは間違いありませんね。

女性の社会進出はまだまだ男女で違いが出ているのは間違いありません。上司が女性だとやりづらいという人もかなり多いです。日本の社会で女性が一般社会で活躍するのが当たり前となるのは後10年以上かかるのではないでしょうか?

それまで女性は一生懸命自分で働いて稼がなくてはいけなくなるのですから大変です。そうなるとどうしても楽に稼げそうなイメージのある夜の世界へといってしまうのかもしれませんね。

女性が社会進出が当たり前になったことで出てくる弊害も確実に存在しますが、その分女性からしてみれば一気に色々な男性と知り合えるチャンスがあるということになります。ですからいいところと悪いところ両方で知っておくことが大切です。

ページのトップへ戻る